レコードプレイヤーで音楽をたのしむ

2020/05/29 日常のできごと

レコードプレイヤーがあった事を思い出して、押入れの奥から引っ張り出してみました。

 

このレコードプレイヤーは数年前にリサイクルショップで千円程度で購入して、しばらく聴いていましたが、そのうちに押入れの奥に仕舞いこんでしまいました。

 

特に音楽に詳しい訳ではありませんが、最近の引き籠りがちな生活に触発されたのでしょうか、無性に聴いてみたくなったのです。

 

レコードをセットして、さあ聴こうかと思っても音が出ません!

 

調べてみると大切な針が折れています。

 

この聴きたい気持ちが収まらないため、急いで針を購入しました。

レコードの針って高いですね!

 

レコードプレイヤーを購入した時の数倍はしますが、背に腹は代えられないので、ネットで検索して購入しました。

 

かわいらしい綺麗な箱に大切に入って届きました。

これまた数年前に一緒に購入したレコード、たしか数百円だったと思います。

 

をセットして聴いてみると、パチッというノイズと共に臨場感のある音が出ました!

 

少し調べてみると、音質については、レコードはCDや配信に比べて単純にデータ量が多いとの事。

 

そのため臨場感のある奥行のある音に感じられるのでしょうか。

家でのたのしみが一つ増えたので、今度はレコードを買いに行ってみようかなと考えています。