バリアフリーリフォームのご紹介

2020/09/28 建築の事

この度、練馬区のS様から浴室手すり設置のバリアフリーリフォームのご相談をいただきました。

 

80歳代のお母さまがご利用になるとの事で、実際に使い勝手を現場で検証して取付位置を決定しました。

 

一般的に使いやすいとされる位置は決まっていますが、それも人それぞれのため、実際に利用する方からお話しを聞いた方が良いと考えているからです。

浴槽に入るための補助が何も無い状態から、どこにどのような手すりがあると楽に移動が出来るのか検討しました。

 

設置位置が決まったら工事開始です。

繰り返し力が掛かるため、緩む事が無いようにしっかり下地補強を行います。

 

今回はタイル仕上げであったため、その下地のモルタルに利かすためアンカーで補強を行いました。

手すりを取る付けるためのビスをしっかりと留め付けます。

 

ビスのゆるみ、手すりのガタツキが無い事を確認して完成です。

 

これで安全にお風呂へ入れそうです。

 

ご依頼いただいたS様からも感謝の言葉をいただきました。

 

この度はご依頼いただきありがとうございました!