武蔵野市の分譲マンション対策

2020/04/30 自治体助成金

武蔵野市にお住まいの方へ

 

リフォームの時に利用できる補助金や助成金についてご紹介します。

 

2 分譲マンション対策

耐震化支援

マンション化耐震化助成

以下の内容に対する助成制度です。

(1)耐震診断(柱や梁などの状況を現地で調査し、コンピュータ等を使って耐震性を計算)

(2)補強設計(耐震診断結果に基づき、耐震性を確保するための改修計画・図面を作成)

(3)耐震改修(補強設計に基づき、耐震性を確保)

(4)建替え(倒壊の恐れがあると判定された住宅を取り壊して、同じ敷地に新築)

(5)除却(倒壊の恐れがあると判定された住宅を取り壊す)

相談・耐震診断費用の見積もり業務

業務内容

アドバイザー(建築士)を派遣し、下記の対応を行います。

  1. 現地を確認の上、耐震化に関する技術的相談・アドバイスを行います。(利用限度1回)
  2. 現地に赴き、区分所有者間あるいは共有者の合意形成を図る上で必要となる技術的説明等を行います。
    (利用限度3回)
  3. 現地確認の上で、耐震診断の実施が可能と判断した場合には、耐震診断費用の見積もりを行います。
    (利用限度1回)

対象住宅

  • 昭和56年5月31日以前に着工された市内に存する住宅
     戸建て・長屋・共同住宅(木造又は2階建て以下の非木造住宅)・小規模共同住宅(3階建て以上
    の非木造でマンションを除く)・マンション(地階を除く階数が3以上でかつ延べ面積が1,000平方
     メートル以上で、木造以外の耐火および準耐火建築物の共同住宅)
  • 昭和56年6月1日以降で平成12年5月31日以前に着工された市内に存する非木造の住宅
     戸建・長屋・共同住宅(2階建て以下)

ご利用できるかた

  • 市内に存する対象住宅を所有している方(分譲マンションの場合は管理組合等の代表者、共有住宅の場合は共有者全員によって合意された代表者)

簡易診断

業務内容

アドバイザー(建築士)を派遣し、簡易診断を行います。

  1. 木造住宅に限り、簡易診断からの利用が可能です。(利用限度1回)
  2. 現地の調査は、建物の劣化状況や、平面形状、壁の位置などを目視で確認する作業となります。簡易診断では、天井裏や床下からの調査は行いません。
  3. 非木造の住宅、小規模共同住宅、マンションの簡易診断を受けるには、予め相談・見積もり業務の利用により簡易診断の実施が可能と判断されていることが必要です。

対象住宅

  • 昭和56年5月31日以前に着工された市内に存する住宅
     戸建て・長屋・共同住宅(木造又は2階建て以下の非木造住宅)・小規模共同住宅(3階建て以上
     の非木造でマンションを除く)・マンション(地階を除く階数が3以上でかつ延べ面積が1,000平方
     メートル以上で、木造以外の耐火および準耐火建築物の共同住宅)
  • 昭和56年6月1日以降で平成12年5月31日以前に着工された市内に存する非木造の住宅
     戸建・長屋・共同住宅(2階建て以下)

ご利用できるかた

  • 市内に存する対象住宅を所有している方(分譲マンションの場合は管理組合等の代表者、共有住宅の場合は共有者全員によって合意された代表者)
  • これまでに武蔵野市の助成・支援制度を利用して簡易診断・耐震診断を実施していないかた

安心パック

業務内容

アドバイザー(建築士)を派遣し、耐震診断、補強計画、工事費概算算出を行います。(利用限度1回)

  1. 旧耐震の木造住宅に限り利用可能となります。
  2. 申請者の一部自己負担(5万円)があります。

対象住宅

  • 昭和56年5月31日以前に着工された市内に存する木造住宅
    戸建て・長屋・共同住宅

ご利用できるかた

  • 市内に存する対象住宅を所有している方(共有住宅の場合は共有者全員によって合意された代表者)
  • これまでに武蔵野市の助成・支援制度を利用して耐震診断を実施していないかた

 

【助成金・補助金の一覧はこちら】