西東京市の木造住宅耐震シェルター等設置助成制度

2020/04/30 自治体助成金

西東京市にお住まいの方へ

 

リフォームの時に利用できる補助金や助成金についてご紹介します。

 

2 木造住宅耐震シェルター等設置助成制度

耐震シェルター等は、地震発生時にお住まいの住宅の倒壊から生命を守るための装置です。市では、この耐震シェルター等設置に要した費用の一部を助成する制度を実施しています。

耐震シェルター等設置助成制度

 市内の一定の条件を満たす木造住宅の耐震シェルター等の設置費用の一部を予算の範囲内で助成します。

助成対象住宅

 昭和56年5月31日以前に建築された市内に存する木造住宅で、現に居住の用に供している住宅(店舗等の併用住宅を含みます。)です。

助成対象者

 助成対象住宅に居住し、次に掲げる要件のすべてに該当する方が対象です。

  1. 高齢者(西東京市に居住する65歳以上の方)または障害者(身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)に規定する身体障害者手帳の交付を受け、障害の程度が1級から4級までの方)がいらっしゃる世帯
  2. 助成対象住宅に居住している世帯全員が申請日の属する年度の前年度の西東京市が賦課した市民税および都民税に未納がないこと。
  3. 西東京市木造住宅耐震改修助成金交付要綱に規定する助成金の交付を受けていないこと。
  4. 西東京市木造住宅耐震無料相談を受けること。

助成金額

 30万円を上限に、耐震シェルター等の設置費用の10分の9以内(千円未満の端数は切り捨て)
 なお、助成金の交付は、同一の住宅に対して1回を限度とします。
注記:助成金の交付は、耐震シェルター等の設置完了後となります。

 

【助成金・補助金の一覧はこちら】